高血圧、低血圧からくる病名の数々

高血圧治療に血圧下げる薬と閉塞性動脈硬化症治療

生活習慣病が定義されて世の中に知らしめられるようになってからというものの、そのうちの一つである高血圧の存在とそのリスクについての認識が高まってきました。血圧が高い状態が維持されてしまうことによって血管に負担がかかり、その結果として血管が肥厚してもろくなってしまうということが理解されるようになり、動脈硬化を経て様々な疾患につながるということも徐々に認識が高まってきています。その予防のためには血圧下げる薬が不可欠であり、高血圧治療においては血圧下げる薬が頻繁に用いられています。
しかし、動脈硬化が生じてしまい、それが自覚症状として表れる状況になると治療を変えなければならない事態に陥ることも珍しくありません。動脈硬化に伴って生じる疾患は多数あって致命的なものも稀ではないことから、それによるリスクを下げることが最優先されるからです。閉塞性動脈硬化症は主に下肢で起こる動脈硬化の一つであり、血液の流れが止まることによって壊死にも至るリスクのある病気です。閉塞性動脈硬化症が下肢で起きた場合には通常の高血圧の治療に用いられる血圧下げる薬は血液循環を悪くするリスクがあるため用いられません。閉塞してしまっている血管を広げたり、原因となっている閉塞物を除去するということが最優先されるため、薬物療法としては抗血小板薬、血管拡張薬、利尿剤といったものが用いられるのが一般的です。これによって閉塞性動脈硬化症の治療が行われてから高血圧の治療に戻るというのが典型的な治療方針であり、より重篤となるリスクが高い方の疾患の治療を優先するのが基本となっています。一方、禁煙や食事療法等は両方に有効であるため継続的に行われます。