高血圧、低血圧からくる病名の数々

高血圧を標準値まで戻す食事とは

高血圧を食事によって標準値まで戻すには、まず高血圧になっている原因を知る必要があります。
塩分の摂り過ぎによる高血圧なら減塩が必要になりますし、肥満が原因による高血圧なら低カロリーの食事が必要です。
このように、自分の高血圧の原因を知ることが標準値に血圧を戻す第一歩になります。
高血圧になる原因としては塩分の摂り過ぎや肥満以外にもストレスや喫煙などによっても起こります。
ストレスや喫煙では、ストレスを解消させたり、禁煙をすることが大切になりますが、食事によっても症状の改善効果が期待できます。
ストレスを軽減できるホルモンとしてセロトニンがあります。
このセロトニンは脳から分泌されるホルモンで幸福ホルモンとも呼ばれています。
このホルモンが分泌すされることで感情をコントロールすることができます。
ノルアドレナリンが過剰に分泌されることで不安や恐怖などストレスが増えます。
このノルアドレナリンをコントロールしてくれるのがセロトニンです。
このセロトニンを増やす効果がある食べ物としては牛乳やチーズなどの乳製品や豆腐や納豆などの大豆食品、魚類やナッツ類、卵などが挙げられます。
喫煙が高血圧を引き起こす原因として挙げられるのが血管の収縮です。
血管が収縮してしまうことで血管壁に圧力がかかってしまいます。
禁煙をするのが一番良いのですが、血管を拡張させてくれる食べ物を食べることで改善させることができます。
血管を拡張させてくれる成分としてアルギニンがあります。
アルギニンを多く含む食品としては豚ゼラチンや干し湯葉、かつお節や高野豆腐、落花生やゴマ、大豆やくるみなども多い食品です。
これらの食材を毎日の食事に取り入れることで標準値までの改善に繋がります。