高血圧、低血圧からくる病名の数々

高血圧により発症する病名の種類

高血圧は血圧が高い状態が続く病気ですが、放っておくと他の病気を併発する可能性があります。
血圧とは、血液が体内に送られるときの圧力のことを指し、正常範囲は最大量が140、最低量が90以下ですが、これより高いと高血圧という位置づけになります。血液を送るときの圧力が高いと、それだけ血管に負担をかけている状態になり、その状態が長く続くと、血管に何らかの支障や病気を引き起こします。それが、いわゆる合併症になります。
では、合併症にはどんな病気があるのでしょうか。
まずは、脳卒中です。脳卒中は脳梗塞と脳出血にわけられています。前者は、脳の血管が詰まる病気で、後者は脳の血液が破裂して出血する病気です。どちらも生活習慣病や成人病などの分類に入ります。
脳梗塞は、脳内の血管が詰まり酸素が行き届かなくなるため、脳内の細胞が死んでしまいます。症状としては、突然、意識がなくなったり、片方の手足がしびれたり、呂律が廻らなかったりという症状が現れます。一刻を争う場合もあり、時間が経過すると命に関わってきます。例え症状が治まったとしても、言語障害や麻痺など、後遺症が残る場合もあります。少しでもおかしいと感じたら、すぐに救急車を呼ぶことです。
それに対し、脳出血は脳内で血管が破裂し、出血する病気です。脳の血管に圧力がかることで、血管が破れて出血します。症状は、頭痛やしびれ、吐き気や嘔吐などが起きます。脳内で出血を起こすと細胞にも影響がでて、致命傷になる場合もあります。また、脳梗塞と同じように後遺症が残ることも多いです。
これらの病気は、脳内で起きる病気ですが、これが心臓に起きた場合は、心筋梗塞になります。
心筋梗塞は、心臓の血管が詰まる病気で、詰まったところが細胞が死んでいくため、命が助かったとしても後遺症が残ることが多い病気です。症状としては、激しい胸の痛みが起きます。症状が出たらすぐに、救急車を呼ぶことが重要です。発作の程度が軽い場合は、狭心症と呼ばれます。狭心症から心筋症へと移行するケースもあるため、注意が必要です。
この他にも、糖尿病や腎臓病などもそうですが、特に多く見受けられるのが、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞です。これらの病気にならないためには、普段から気をつけることが大切です。血圧が高い場合は、病院で降圧剤などを処方してもらう必要があります。また、塩分を取り過ぎない食生活をすることで、病気を防止したり、普段の日常生活においても、未然に防ぐ事ができます。自己管理を行うことで、病気にならないように気をつけましょう。

低血圧の様々な病名と種類

低血圧とは、血圧の数値が収縮期である最高血圧が100mmHg以下か、もしくは拡張期である最低血圧が60mmHg以下、このいずれかに該当している時に医師はそのように診断していることが多いようです。
要するにその状態にあれば「低血圧」と呼ばれるわけですが、「なぜ低血圧になっているのか」によって、その種類は分けられています。
病名は、低血圧をおこす原因となっている病気もないにもかかわらず起こっているならば本態性低血圧、病気の症状として起症候性低血圧ですし、もし座っていて立つ時に起こるならば起立性低血圧です。
本態性の場合には、遺伝的に起こっていることがほとんどで、親がそうであれば子供もそのようになるということが少なくありません。
症候性の場合には、心筋梗塞や心タンポナーデ、大動脈狹窄症、肥大型閉塞性心筋症などから引き起こされることも多く、不整脈や血圧からそれらの病名の病気であったことがわかることも良くあることです。
肺の病気や甲状腺機能低下症などのホルモンの病気、薬剤の使用が原因の時もあれば、長い間寝たきりであることで引き起こされることもあります。
起立性の場合には、「立ちくらみ」で自分が体感することがあります。
下の方に血液が集まらないよう、座っている時も楽な姿勢を取るように心がけるようにしなければなりません。
この症状にによって脳梗塞や一過性虚血性発作のほか、様々な病気が引き起こされてしまうことが見られます。
病名として警戒しないようなものですが、注意が必要です。
このような種類がありますが、特に本態性の場合を除き、他の種類は「なにかの病気のお知らせ」となっている可能性があります。
気になる症状があれば、医師のもとで診断を行ってもらいましょう。

血圧を利用した検査の色々

血圧は比較的簡単に検査を行うことが出来るのが特徴です。家電量販店では自宅で簡単に測定を行うことが出来る測定器の販売が盛んであり、それだけ多くの人が自分の血圧の状態に関心を持っている表れであると考えられています。この様な機会で検査をすることが出来るのは最高血圧と最低血圧の二種類の数値です。たったこれだけの情報ではありますが、長い知見の積み重ねによって現代ではその状況から実に様々なものを見出すことに成功しています。
医療機関のスタッフこの数値を検査する目的には様々なものがありますが、健康状態を測る指標として非常に有益な数値を提供してくれます。塩分の摂取方や脂質の取り過ぎなど様々な生活習慣を原因として血管が硬くなるという背景があり、血液が流れにくいという症状の表れとして様々な症状が表に出てきます。それらの状況を的確に検査することによって、様々な病気の初期症状を把握することが出来るでしょう。
この血圧の検査を応用してわかることの中には動脈硬化があります。この動脈硬化と言う症状は何らかの原因によって血管が硬くなることを意味しています。この症状が出ている場合には血管の柔軟さが失われ、血液の流れが悪くなっていることを意味します。そのため血液が詰まることによって様々な症状を引き起こす可能性が高まります。恐ろしいのは血栓であり血管のつまりが重要な血管、例えば脳血管の中で起こる様なことがあれば、最悪のケースで脳卒中などを起こすことになるでしょう。この様なリスクを抱えながら生活をしていく必要がある状態に追い込まれることもあるのです。血圧が高いということはこの様な血管のトラブルと密接な関係にあるものである場合が多くなっています。血圧脈波検査はその様なリスクを洗い出す検査として広く実施されています。